うたすけが人生を豊かにするために

主に僕が日々考えてること感じていることを書いていきます。 皆さんの人生を豊かにするために頑張っていきます

引っ越してから4カ月で最愛のウサギが死んだ

飼っていた僕の大好きな真っ黒なうさぎが昨日死んでしまった。

その知らせを聞いたのは、今年新卒で入った会社の仕事の帰り道。

母からのLINEで突然目に飛び込んできた。

f:id:utasukeshun:20190627191920j:image
f:id:utasukeshun:20190627191923j:image

僕の飼っていたうさぎの名前は唄(うた)だ

由来は僕が可愛いなと思ったカントリーガールズというアイドルの女の子の名前がうたちゃんだったからだ。とても単純な理由であっさり決めたが、実際それくらい可愛いうさぎだと感じでいたのは大きな理由だった。

 

丁度大学一年生になったタイミングで自分でペットショップにいき一目惚れして飼うことを決めた。ペットショップのゲージの中で誰よりも一生懸命走るその子にいつの間にか夢中になっていた。

色は真っ黒で足の裏とお腹の毛だけが白くてそれがとても可愛かった。

無邪気な性格で元気で素直で、わがままな僕が育てただけあってそれはもうわがままに育った。

 

初めて家に来た日のことは今でも忘れられない。

ちょこんと僕の膝の上に座ったとても小さな黒い塊に僕は完全にデレデレだった。

そんな唄との日々が始まった。

 

僕は大学時代、結構講義をサボって帰ってきていた。

理由は二つ、家に帰ってすぐゲームをしたかったから。もう一つが自分の部屋に帰ってきたらとっても可愛い唄がいるということ。

  ゲーム3時間→唄と1時間遊び休憩→もっかいゲーム 以下ループ

このサイクルを正直大学4年間ずっとやっていたと思う。本当にずっと僕は家にいたと思う。

唄と遊んでいるときは本当に楽しかった。ただ僕が寝ようとしているのに遊び足りないとゲージの中で暴れているのは本当にうるさいしやめてほしいと思った時も多々あった。

 

そんなこんなで僕も大学4年になり就活をし、無事に内定を取った。

そして今年就職し、実家の横浜から兵庫県に来て一人暮らしをした。本当は唄と一緒にいたかったが食品メーカーの工場配属になってしまい、断念することになった。

 

それからは母とビデオ通話を通して唄の顔を見ていたが、元気そうでなんだか逆に僕だけが寂しいような気がしていた。

しかし、ここ1週間突然母から唄がご飯を食べないと聞いた。

正直少しは心配していたが、自分のことで精一杯であまりしっかり考えていなかった。

 

そして昨日、唄が死んだ。

 

本当に突然の事すぎて、驚いて声も出ないということはこの事かと実感した。

時間が経つにつれて、自分が飼いずっと一緒にいた唄にはもう会えなくなったのだとやっと頭の理解が追いついた。そして涙が溢れた。

 

僕といてあの子は幸せだったのかな。

いきなり居なくなった僕を恨んでいないかな。

そんなことばかり考えてしまう。

 

正直心の整理がつくか分からないが、『生きる』『死ぬ』とはどういうことか、何か自分が唄との出会いで感じた事を少しでも残せないかと思い、感情のままに書き連ねてみた。

 

生き物は生まれたら必ず死ぬ。

そのことをただただ実感した。

 

twitter.com

今週のお題